セルフネイル部

selfnail club

SPONSORED LINK

デニムネイルのやり方!スポンジと筆アート、それぞれの方法をご紹介します。

SPONSORED LINK

おすすめ記事セレクション

SPONSORED LINK

ファッションのトレンドとして、取り上げられることが多いデニムネイル。

そんなデニムネイルを、セルフネイル部にてご紹介したセルフネイラー直伝のスポンジと筆アート、それぞれのやり方をご紹介します。

今年のネイルデザインの参考にしてみてくださいね。 

f:id:shomn-1818:20161015093137j:plain

 

(@kaori._.s)さんの、「デニムネイル」

-かかる時間-

片手1.5時間

 

-やり方-

①ベースを塗る

➁ ブルー系のカラージェルを塗る

③ 硬化後、ホワイトのジェルを筆先にちょこっとだけつけて、縦に筆跡が残る様にサッサッっと塗る。また硬化後、次は横に筆跡が 残り様にまたランダムに塗る。

この時、筆をクリーナーで洗ってバサバサにしておくとかすれた感が出しやすい。縦と、横の筆跡をつけることでデニムの繊維の感じがでるので、縦横バランスを見ながら好みの色落ち感がでるまで繰り返す。

④ ステッチをホワイトのジェルで描いていき、スタッズを乗せて最後にトップジェルを塗る。

※ トップコートはお好みでマットコートにしてもデニムっぽさが出る

 

-使用するもの-

ミックスライト、またはLED.UVライト、ベースジェル、カラージェル、スタッズ、トップジェル

 

 

 (@ns0827jj)さんの、【デニム風ネイル】

 

☆やり方☆

1, ベース

2, ホワイトカラーを塗ります (上にカラーを重ねるので一度塗りでムラ、塗り残しがあってもok!)

3, スポンジに水色系のカラーとグレー系のカラーをつけて軽く叩いていく。 半乾きくらいでJEANS NAILもスポンジにつけて叩いていく。

4, ネイルシールのジッパー、ダメージ部分、ハートの部分を切り抜き貼り付ける。

5, ハートの部分にスタッズをつける

6, マットコートを塗る

 

☆制作時間☆

40分程度

 

☆使う物☆

ベース ホワイト 水色系カラー グレー系カラー CLASSIC JEANS NAIL マットコート スタッズ デニム風ネイルシール

 

☆注意点☆

スポンジは少し目が荒いほうがいいです! 叩いていく時も角の所で軽く叩くくらいがいいです! 叩き過ぎるとデニムの質感がでにくいです。

適当な位がちょうどいいかもしれません(笑)

デニム系のネイルシールを使うときはシールのデニムの色に似たネイビー系のカラーを使うとシールを貼った時違和感がなくなりいいと思います!

 

 

 (@akihoppe22)さんの、 「バンダナデニムネイル」

デニムとバンダナの相性がよく可愛いですね😺この夏らしいトレンドネイルです💅

〜やり方〜

ベース→カラー2度塗り→白のカラーの上にアート筆でネイビーのジェルを少量とりバンダナ柄を描いていく→1本ずつ硬化→ネイビーのカラーの上にスポンジで少量白ジェルを取り、ポンポン叩いてデニム柄にする→硬化して、トップジェルで仕上げる

 

〜ポイント〜

アート筆は細くて書きやすいもので。だいたいデザインを決めて、薄くジェルで下書きすると良いです。 デニムに使うスポンジは、ファンデ用のスポンジが使い易いです。